残業代請求金額の相場 / サービス残業代は請求する法的権利があります サービス残業代(未払い残業代)請求支援

残業代請求金額の相場

残業代の未払い分はどのくらいになるのか

残業代の未払い分は、最大で過去2年間分まで遡って請求できます。1ヶ月ではそれほどの金額でなくても、2年分ともなると積もり積もって金額は大きくなってきます。残業代請求をした場合、どのくらいの金額になるのでしょうか。

1日1時間の残業で110万円

給料の金額や条件によって違ってきますので、あくまで目安として残業代請求金額をあげると、月給30万円の社員が毎日1時間サービス残業をしていた場合、未払い残業代の金額は2年間で約110万円になります。

残業代請求金額の目安 (月給30万円、1日1時間の残業の場合)

2年間の未払い残業代金 = 約110万円

たった1日1時間の残業でも、2年間分となるとこれだけの金額を請求できるのです。
残業時間・給料の金額や就業規則・雇用契約の内容によって違ってきますので細かい金額は出せませんが、このくらいのモデルだと多くの方が目安にできると思います。

残業代に足される金額

付加金がつけば請求額は2倍になります

付加金については付加金のページで解説していますが、残業代と同額を上乗せ請求できます。
これにより、請求金額が2倍になります。

高金利の利息がつきます

未払い残業代と付加金には利息がつきます。
残業代に対しては年6%、付加金は年5%(判決確定の日から)の利息をとることができます。

仮に時給換算で2,000円の賃金を得ている人が月平均20時間のサービス残業をしていたとしたら、支払われるべき残業代は2年間(24ヶ月)で120万円にもなる。会社側は、裁判の口頭弁論終結時までに、残業代を任意に払わないと、さらに2年分の残業代と同額の「付加金」が加算され、その付加金には5パーセントの利息がついてくる。本来の残業代にも6パーセントの利息がつき、退職した場合はさらに利息は上がり、14.6%の利息がついてくるのである。かなり多額になる。

刑事と民事―こっそり知りたい裁判・法律の超基礎知識
2008年5月 幻冬舎 元榮 太一郎 (著) より

具体的には、未払い残業代は本来払われるべき給料日から換算して年利6パーセントの遅延損害金を請求することができます。在職中は6パーセントですが、退職後は年利14.6パーセント(賃金の支払の確保等に関する法律第6条)の遅延損害金を請求することができます。また、付加金に対しても、付加金が認められた日(判決確定の日)から年利5パーセントの遅延損害金を請求することができます。

会社が対策を講じる前が最大限の金額を回収できるチャンスです

残業代請求で遡って請求できる期間は最大で2年間なので、請求できる金額も時間が経つごとに減っていきます。また、会社が就業規則などでしっかりと対策をしてしまうと、遡って請求できる期間が短くなる可能性や、付加金が請求できなくなる可能性が高くなります。

サービス残業をさせられていた場合には、早めに未払い分の残業代請求をしておきましょう。まずは専門家に相談することをおすすめします。

 

残業代請求は正しい知識を持って ⇒ サービス残業代請求方法 ⇒ 専門家に相談

残業代請求の効果的な方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方