サービス残業代請求方法 / サービス残業代は請求する法的権利があります サービス残業代(未払い残業代)請求支援

サービス残業代請求方法

サービス残業代の主な請求方法

サービス残業になっていた未払いの残業代を請求する主な方法としては以下のようなものがあります。これらの方法で解決しない場合に労働審判制度民事訴訟を起こすなどの法的措置をとることが多いようです。

  1. 労働基準監督署
  2. 労働組合
  3. 直接交渉
  4. 内容証明郵便
  5. 専門家へ依頼

労働基準監督署

労働基準監督署が介入すれば会社全体の見直しが入るなどの大ごととなり、時間もかかります。会社側も大ダメージを受けることが多く、従業員全員の未払い残業代を過去に遡って請求などとなれば、資金体力のない会社は支払えなくなってしまうことも考えられるため、いきなり駆け込むことはおすすめしません。また、労働基準監督署への駆け込みは、証拠がしっかりと揃っていないとなかなか動いてくれないようです。

労働組合

労働組合に加入し、会社と交渉してもらいます。労働組合をうまく使えば解決できる場合もあります。

直接交渉

直接交渉は、法的知識があり交渉に長けている場合でなければ、会社側に言いくるめられてしまう可能性もありおすすめしません。直接交渉の場合は自分ひとりでなく、専門家に相談することをおすすめします。

内容証明郵便

内容証明郵便で会社にサービス残業代の請求を行います。内容証明郵便では法的な拘束力はありませんが、経営者に対してかなりのプレッシャーを与えることができます。また、内容証明の後には法的な手段や専門家が後ろについていることが予想されるため、会社側も無視することはできません。

専門家に相談

専門家に相談するのが一番スムーズに事が運ぶことが多く、請求できる金額も最大限になることが多いようです。法的な知識がある専門家がついているというだけでも、会社側は下手なことは言えなくなります。

専門家に相談するのがベストな選択

専門家がついていれば、会社側が法律を無視した理論で反論してきたり、威圧的に対抗されることもなくなるでしょう。

未払いの残業代は、過去に遡って請求できます。
ただ、遡って残業代を請求できる期間ははっきりと決まっているわけではなく、最大で2年間遡及請求できますが、短い場合は3ヶ月程度となってしまいます。

法的な知識もなく、交渉に慣れていない方が個人的に請求をした場合、3ヶ月分程度しか遡って請求できないことも多いようです。

労働基準監督署に行く場合は

労働基準監督署に駆け込めば、サービス残業をさせていたような会社は是正勧告よって全従業員に対する未払い残業代の支払いを命じられる可能性があります。

そうなれば、資金のない会社はつぶれてしまうかもしれません。従業員は職を失ってしまうことにもなります。

せっかく残業代請求が確定しても、相手に支払うお金がなくなってしまえば本末転倒です。
しかし、専門家はそのあたりの交渉もうまくやってくれます。法的な知識を持った専門家というだけで会社は本気で対応するしかありません。知識は専門家のほうが上なので下手なことも言えず、あまり抵抗せずすんなりと支払ってくれるケースも多いようです。

このように、残業代請求は専門家に依頼するのが一番の方法です。
もし、サービス残業をしていた心当たりがあるなら、専門家に相談してみましょう。

 

残業代請求は正しい知識を持って ⇒ サービス残業代請求方法 ⇒ 専門家に相談

残業代請求の効果的な方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方