サービス残業代請求方法 / サービス残業代は請求する法的権利があります サービス残業代(未払い残業代)請求支援

残業代の未払い分の計算方法

サービス残業によるあなたの未払い残業代はどのくらい?

サービス残業によって、請求できる未払い残業代がどのくらいあるかは計算によってわかります。

とはいえ、それにはタイムカードなどから正確な時間を計算する必要がありますので、まずおおまかな残業代の金額を知りたいという方は、こちらのサイトの未払い残業代計算プログラムを使ってみて下さい。

サービス残業によってどのくらいの未払い残業代が溜まっているか、だいたいの目安がわかります。
それによって残業代をちゃんと計算してみよう、残業代請求をしようと思ったなら正確な計算をしてみてください。

残業代未払い分の計算式

具体的な残業代未払い分の計算方法を記載します。

1.残業時間を計算する
タイムカードなどから実際の労働時間を計算し、法定労働時間を引いて時間外労働の時間を計算します。
労働時間の計算は、時間単位ではなく分単位で計算した合計時間に対して残業代を請求することができます。

※午後10時以降の時間は割増率が高くなるので、別途分かるようにしておきましょう。
※就業規則の規定などによって、一定の残業代が給料に含まれている場合もあります。その場合はそれらの分を残業時間から引きます。

2.基礎単価を計算する
給与の基礎単価を計算します。

  日給制の場合 ・・・ 1日の給与÷1日の所定労働時間
  月給制の場合 ・・・ 基本給などの諸手当÷1ヶ月の所定労働時間

3.賃金割増率をかける
割増率をかけて残業代を計算します。

労働の種類 賃金割増率
時間外労働 (法定労働時間を超えた場合)
25%割増
深夜労働 (午後10時から午前5時までに労働した場合)
25%割増
休日労働
35%割増
時間外労働+深夜労働
50%割増
休日労働+深夜労働
60%割増

4.実際に支払われた残業代を引く
実際に支払われた残業代を引けば、未払い分の残業代が出ます。

このように出した未払いの残業代を元に、会社に請求をすることができます。
実際には、付加金や利息をつけてより多くの金額を請求できます。

>> サービス残業代請求方法
>> 残業代請求を専門家に相談・依頼する

 

残業代請求は正しい知識を持って ⇒ サービス残業代請求方法 ⇒ 専門家に相談

残業代請求の効果的な方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方