付加金で請求額が残業代の2倍に / サービス残業代は請求する法的権利があります サービス残業代(未払い残業代)請求支援

請求額が2倍以上に!付加金と利息

未払い残業代には利息がつく

未払い残業代を請求した際、支払ってもらえる金額はもともとの残業代だけではありません。
残業代の未払い分には高金利の利息(年6%、退職後は14.6%)をつけて請求することができます。

付加金による残業代の倍額払い

裁判所に未払い残業代の請求をするときには、付加金として残業代の未払い額と同額を請求できます。
「付加金」の追加によって、未払いだった残業代と同額が上乗せされ、2倍の金額を支払ってもらえることもあります。

残業代の未払い分が100万円だった場合、そこに付加金が加わると、倍の200万円の請求(残業代100万円に付加金100万円を加算)ができることになります。

付加金は残業代を支払わなかった会社に対する罰金のようなもの

付加金は、残業代を払わない企業に対する罰金のようなものです。

裁判所は、第二十条、第二十六条若しくは第三十七条の規定に違反した使用者又は第三十九条第六項の規定による賃金を支払わなかつた使用者に対して、労働者の請求により、これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。ただし、この請求は、違反のあつた時から二年以内にしなければならない。

労働基準法 第114条 付加金の支払 より

付加金の支払いに関しては裁判所の判断によるため、必ず請求できるわけではありません。しかし、裁判をすれば付加金が支払われる可能性が高いと判断されるケースの場合は、専門家は付加金を上乗せした金額で会社側と交渉をすることが多いようです。

そして、今の中小企業では「裁判をすれば付加金が支払われる可能性が高いケース」は非常に多いようです。

 

残業代請求は正しい知識を持って ⇒ サービス残業代請求方法 ⇒ 専門家に相談

残業代請求の効果的な方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方