入社時に残業代がないことに同意しても残業代は請求できます / サービス残業代(未払い残業代)請求支援

入社時に残業代がないことに同意しても残業代はもらえます

サービス残業など当たり前の業種。
入社前に残業はあるけど残業代は出ないということを説明され、同意してしまいました。

業種によっては残業など当たり前で、どこの会社でも残業代など出ていないのが当たり前というような業種もあります。
そういった業種では従業員も納得のうえで入社していることも多く、入社時に残業代が出ないことを説明され、同意して入社することも少なくありません。

”法律に違反する内容”に同意しても無効です。残業代請求できます。

残業代が出ないことに同意したうえで入社したので、残業代の請求はできないと思うかもしれませんが、この場合でも残業代の請求はできます。

同意したといっても、そもそも法律違反となる内容(残業代を払わないというのは労働基準法違反)に同意しても、それは無効となります。

たとえその業界がそういう風潮だったとしても、「残業はあるけど残業代は出ません」というのは法律違反です。
こんなことを公言してしまっていることが労働基準監督署に見つかれば、その会社は労働基準監督署の是正勧告によって、過去に遡って全社員の未払いの残業代を支払うことになる可能性すらあります。

業界がそういう風潮の場合、会社も違法とは知らずに残業代を未払いにしていることが多いため、まずは会社にその事を気付かせることから始める必要があります。証拠が揃っていれば労働基準監督署に駆け込むのもよいですが、どうしても会社全体に関わる大きな問題になってしまうため、まずは専門家に相談して会社にどのように交渉すればよいかのアドバイスをもらうのがよいでしょう。

 

残業代請求は正しい知識を持って ⇒ サービス残業代請求方法 ⇒ 専門家に相談

残業代請求の効果的な方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方