指示のない残業でも残業代は請求できます / サービス残業代(未払い残業代)請求支援

指示のない残業でも残業代は請求できます

「残業なしでは終わらない仕事量を与えられていたので、
 上司の指示なく残業をしていました。残業代は請求できるのでしょうか」

上司の指示のない残業でも、残業代は請求できます。残業しないと終わらないような仕事量を与えられたり、残業せざるをえない雰囲気の職場である場合など、指示がなくても残業をすることは多いものです。

このように社員が自発的に残業を行っている場合、その自発的残業を知りながら中止させずに残業をさせていた場合は、残業を”容認”したことになります。見て見ぬフリはできないということです。

黙認の指示による残業

上司から残業の指示をされていなくても、残業をしなければとても終わらないような仕事量を与えられたり、残業をせざるを得ないような雰囲気の職場もあります。残業をせざるを得ないような状況です。このような職場は多いですよね。

このような状況は、「黙認の指示による時間外労働」と認められます。

指示のない残業でも、知っていて中止させずに残業させていた場合は、残業代を請求できます。ただし、就業規則による規定などで規定されている場合もありますので、一度専門家に相談してみることをおすすめします。

 

残業代請求は正しい知識を持って ⇒ サービス残業代請求方法 ⇒ 専門家に相談

残業代請求の効果的な方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方